のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 1

のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 1
のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 2
出木杉「タイムマシンとか、実際無理だろ」


1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/02 /13(金) 15:49:39.43 ID:aWSpUdyv0

学生「どうかしました?野比先生」

のび太「ううん、何でもないよ。それより研磨は終わったかい?」

学生「はい。これでもうバリはないはずです」

のび太「本体側のインターロック回路も大丈夫?」

学生「はい、動作確認済みです」

のび太「よし。じゃあモータを駆動してみようか」

青い球体の中にギアボックスを収められるのを、のび太は少し離れて見守っていた。




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/02 /13(金) 15:51:49.20 ID:aWSpUdyv0
 中学卒業と同時に、ドラえもんが未来に帰った。
 のび太がもう一人立ち出来る、別れを割りきれる年齢と判断したらしい。
 高校の類型選択で、のび太は何となく理系を選択した。数学や理科が得意なわけ
ではないが、国語や英語も別に得意ではなかった。
 相変わらずの適当さでのらりくらりと高校を卒業し、藤子大学の工学部に入学し
たのび太は、そのまま大学院まで進学し、博士課程を修了する。
 今ではその藤子大学工学部ロボット工学科で助手をしていた。


続きを読む
posted by 2chまとめ at 16:00 | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 2

のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 1
のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 2
出木杉「タイムマシンとか、実際無理だろ」



244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/02 /13(金) 17:30:55.10 ID:aWSpUdyv0
 窓の外を見ると、偽出木杉はまだ病院の前に立っている。

スネ夫「どうだった?」

ジャイアン「やっぱり、本物の出木杉は大学にいる。ってことはだ、ありゃあ偽者だな」

スネ夫「ここがバレたのかな?」

ジャイアン「わからん」

 すぐに、出木杉から電話がかかってきた。今度は病室でそのまま出る。

ジャイアン「おう、俺だ」

出木杉『その病院付近の観測装置が準マイクロ波を測定している。コピーロボットで間違い
    ないと思う。少なくとも単なる僕のそっくりさんじゃない』

ジャイアン「何だ、その純マイク派ってのは?」





245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/02 /13(金) 17:30:58.46 ID:vn3aIldX0
俺はむしろルパンみたいな絵で映像化して欲しいけどな




247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]投稿日:2009/02 /13(金) 17:31:21.08 ID:s+ikydp00
この設定だと、
のび太は何歳になるのかな?



続きを読む
posted by 2chまとめ at 17:00 | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出木杉「タイムマシンとか、実際無理だろ」

のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 1
のび太「ドラえもんとか、実際無理だろ」 2
出木杉「タイムマシンとか、実際無理だろ」



のび太「え?」

出木杉「いや、そう思わないかい?」

のび太「まあ、2008年完成なら疑ってたかもしれない。けど、タイム・パトロールの話
    だと、未来が変わったせいでタイムマシンの発明はもっと遅れるらしい
    し……」



 大学生協の食堂のテーブルに、野比のび太と出木杉英才が向かい合わせに座っている。
 のび太が最近ようやくラーメンばかりの食生活を脱却したので、今日は二人ともカレー
ライスを食べていた。

出木杉「遅れるっていうのはどれくらいなんだろう?」

のび太「そこまではわからないよ……」

出木杉「うん、まぁそうだろうけどさ。でも2008年に完成するはずが、2年前のあの未
来テロリストによって発明者が殺された……なら、完成まではいかなくとも何
らかの下地があってもよさそうじゃない?」

のび太「下地……か。でも、その方面の報告は学会ではとんと見かけないよね」

出木杉「そう……だから気になるんだ」

出木杉「タイム・パラドクスの修正は、本当に完璧だったんだろうか?」



続きを読む
posted by 2chまとめ at 19:00 | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

しんのすけのいない夏

青年は使い古された座布団の上に正座している。
おろしたてのスーツに身を包み、お茶を出すというその家の母親の申し出を丁寧に断り、
夫婦が寝室として使っている部屋の一角に置かれた仏壇をじっと見つめていた。
ひざの上に置いた拳を軽く握り締めると、風間は口を開いた。

「しんのすけ、僕たちはこの春から大学生になるんだ。もう車の免許だって取れちゃうんだぜ」

彼の口調は幼稚園の時とほとんど変わっていない。
ただ少し、お高いプライドを振りかざすようなとげのある喋り方ではなくなった。ホンの少しだけだが。

「ボーちゃんは北海道の大学で農業を勉強するんだ。"これからの時代は農業がくる"んだって。
 ネネちゃんは服飾の専門学校。まさお君は一浪してなんとか国立大学に入るってさ」



続きを読む
posted by 2chまとめ at 11:00 | SS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 女のコが本当にしてほしいセックス

 出世する男はなぜセックスが上手いのか?

 東京セックスフレンド


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。