ホットケーキ 1

ホットケーキ 1
ホットケーキ 2
ホットケーキ 3



高校二年の秋、家に帰ると玄関に靴がたくさんあった。
来客なんて珍しい。誰が来てるのか気になったが、リビングからは大人特有のぼそぼそ声が聞こえてきたので入りづらかったし、生徒会に所属していた俺はちょうど部費や学校行事の予算をまとめる作業をしていたので疲れきっていた。
いったん部屋に戻ってうだうだしようと思い、二階に登る。すると部屋からゲームをする気配がした。(なんかあるじゃん、テレビのキーンって音)
父親がやってるもんだと思った俺は、何の疑いも持たずに部屋のドアを開ける。しかしそこにいたのは女の子二人だった。
覚えているのが、少し幼い感じの一人が片ひざを立ててゲームしていたのでパンツ丸見えだったこと。白。
そして俺と同じくらいの歳つきのもう一人が、いやに落ち着いた感じで俺を見つめていたこと。


続きを読む
posted by 2chまとめ at 11:00 | ホットケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットケーキ 2

ホットケーキ 1
ホットケーキ 2
ホットケーキ 3



その日の夕飯はカレーだった。エミと買い物に行ったときに聞いた話だと、俺の家に寸胴鍋があることを知ってユキは大喜びだったという。
後でユキに聞いたが、なんでも「量を一気に作れるのって快感」なのだそうだ。

「野菜はエミちゃんが切ってくれたのよね?」
「へえ、うまく出来てるよ」
大きさにばらつきがあったが、昼間のホットケーキを思い出すとそう思える。
「ま、エミにしちゃ頑張ったわよね」
隣でハルナが抑揚無く言った。どうもまだ機嫌が悪そうだ。
「今回ハルナは手伝ってないのか」
「うん」
それだけ言って黙ってしまう。
まあ女の子だし色々あるんだろ。そう納得してカレーを口に入れていった。その日の夕食は静かだった。



続きを読む
posted by 2chまとめ at 12:00 | ホットケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットケーキ 3

ホットケーキ 1
ホットケーキ 2
ホットケーキ 3



机に向かってさて勉強だと構え、結局読みかけの小説に手を伸ばす。
読み終わってしまうと本格的に暇になってきた。勉強をやろうかなという気さえ沸かなかった。
違う本でも読もうかと考える。そういえば昨日、本屋にエロ本もらったっけと思い当たった。
家にいるのは自分だけではない、迂闊なことは出来ないのだ。と自分を戒めるも、一度沸き出た性欲は抑えられない。結局隠し場所である机の引き出しから例の紙袋を取り出した。
聞き耳を立てて近寄ってくる気配を探る。下の部屋からテレビの音が聴こえるだけだった。
やや興奮気味だったせいか、これは今しか!と変に高いテンションで机の上に本を出す。


続きを読む
posted by 2chまとめ at 13:00 | ホットケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 女のコが本当にしてほしいセックス

 出世する男はなぜセックスが上手いのか?

 東京セックスフレンド


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。